花粉症で鼻水、くしゃみがひどいのでアレジオンを服用しています。

数年前から花粉症で鼻水とくしゃみに苦しんでいました。

その間に妊娠出産があり、強い薬が飲めず大変でした。

そしてこどもが産まれるとどうしても自分の用事がおろそかになり、受診できずにいました。

いくつか市販の花粉症の薬を試してみました。

1日2回のものは忘れてしまったり飲めない時もあるので、飲み忘れた時のショックは相当なものでした。

そんな時、CMでやっていたのがアレジオンです。

就寝前に1錠飲むだけでいいとのことだったので、それならとても楽だなと思い購入してみました。

夕飯を食べた後、ダイニングテーブルに薬を置いておくと忘れないので毎日そうしていました。

疲れていてこ今日は早く寝てしまいそうという時は、夕飯後少し早めに飲んでこどもの寝かしつけと一緒に自分も寝てしまっていました。

それでも翌日効果を感じていました。

たまに飲んでいても鼻水が出たり鼻が詰まってしまう時があったので、点鼻薬と併用していました。

私は症状が出てから服用をはじめたのですが、症状が強く出ている時に服用するより、症状が軽い段階の方が効果があるとのことでした。

私は症状が出てから服用したので、合っていたのかもしれません。

今後は花粉情報見ながら、早めに対応していこうと思っています。

PR:あんしん通販薬局

生理痛がひどい方・冷え性の方は命の母ホワイトというお薬がおススメです!

毎月の生理が来る度、腹痛+頭痛+腰痛のトリプルパンチで仕事に行けなかったり、酷いときにはその場で倒れて病院送りになったことがあるくらい生理痛が酷い体質です。

その度、毎月病院に行って診察・薬を処方してもらってました。

確かに、ちゃんと処方してもらった方が安心はできますが病院に行く度に、診察代・薬代無駄にお金が飛んで行ったり、わざわざ仕事を休んで病院に行くのも職場の同僚・先輩方にも申し訳ない気持ちもありました。

もう病院に行かず我慢して、市販の痛み止めでも飲んでやり過ごそうかとも考えたこともありました。

ある時、久しぶりに会った友人に命の母ホワイトを勧められました。

”命の母”という言葉は知っていたのですが、イメージが40代・50代の更年期の諸症状の改善薬というイメージしかありませんでした。

詳しく教えてもらったら、命の母ホワイトは、私が悩んでいた腹痛、頭痛、腰痛の緩和、冷え性改善もしてくれるよとのこと。

友人本人も使用していると聞いたので、私も実際にドラックストアで購入し使用してみました。

生理予定日前に薬を一日4回服用し始め、生理が来て様子を見ると、今まで辛かった生理の諸症状がかなり軽くなりました。

日々の仕事も生理を気にせずしっかり働くこともできるようになったし、生理が終わっても、体にあまり負担がなくスッキリした気持ちで生活することもできました。

私みたいに、毎月の生理で辛い方には、ぜひ命の母ホワイトの服用をお勧めしたいです!

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>あんしん通販薬局 公式

洗面所の床タイルは大理石にするとひんやりして寒いです

元々はフローリング素材がスタンダードだったのですが、水などに濡れるので大理石を選択したところ冬にとても足が冷たくてお風呂から出た時に寒いので失敗したなと思いました。

水に濡れないのはいいのですがフローリングでもその上にバスマットをひくので十分だと思いましたし、特に子供が生まれて赤ちゃんなので洗面所の床にバスタオルを敷いてお風呂からあげることが多く 、その時はとても冷たいので かわいそうだなと思いました。

汚れた時はとても拭き取りやすく汚れも落ちやすいのですが、別に大理石にする必要はなく床の部分はフローリングにしておけば良かったと思っています。

またそのフローリングについても全体的に白色を選択したのですが子供たちがおもちゃを落として傷をつけてしまったり、私も携帯をよく落としたりするのですぐに黒い切り込みのような傷が入り 、次に賃貸に出したりマンションを売る時に不利になるなと傷をつけるたび悲しくなります。

全く傷をつかないわけにはいかないのでフローリングの床の色も茶色っぽい色を選択するべきだったと 少し後悔しています。

ただ家の明るさは床の色が白いのでとても広く感じますその点はすごく気に入っています。

不動産屋さんにオススメされたのは狭い家の場合は白っぽい色の方がいいよ広い家の場合は濃い茶色の方がいいと言っていました。

詳しく調べたい方はこちら>>>>>前橋市 新築一戸建て

知らない土地に行くのが大好きな30オーバーの日本人です。

まだ見ぬしらない土地に足を運びたい。

そして、そこでしか撮れない写真を撮りたい。

現実を忘れ、非日常を味わいたい。

現実逃避をしたい。

そんな理由から、旅をすることが好きになりました。

インドの田舎に行くほど、貧しく汚かったです。

都市や中心部はそうでもないのですが、家がなく道端で寝ている人もたくさんいました。

まったく日本と違い、ひとつひとつが刺激的でおもしろかったです。

バスまで物売りがやってきたり、しつこく値引きしては売ろうとする人がいたり。

とにかく話しかけられても無視することを覚えたり。

ハプニングもあり、楽しい旅がそこにあると思うので、旅は続けたいなぁと思います。

そんな私の旅行記をかぎ連ねるので、少しでも共感していただけたり、行きたい、行こうって思っていただけたら幸いです。